NEWS

東大、ついに70連敗でワースト記録に並ぶ 東京六大学野球

2014年04月20日 17時11分 JST

東京六大学野球の春季リーグが4月20日、東京・神宮球場であり、東京大学が慶応大学に2-13で敗れ、リーグワースト記録タイの70連敗となった。4回に2点の先制を許し、その後も失点。9回に2点を返したものの、1987年秋季リーグ戦から90年秋季にかけて東大がつくった連敗記録に並んだ。47NEWSなどが報じた。

東大は2010年10月の秋季リーグで斎藤佑樹投手(現日本ハム)が先発した早大に勝った後、2引き分けを挟んで3年半、白星から遠ざかっている。今季も開幕から4連敗で、5月3日の早大戦に負ければ新記録の71連敗となる。

(47NEWS「東京六大学野球で東大70連敗 自らのリーグ記録に並ぶ」より 2014/04/20 14:14)

浜田一志監督は「いいところが1つもなかった。悔しくて仕方がない」とコメントしたという。

浜田一志監督(49)は「最後の2点は(相手が)くれたようなもの。いいところが1つもなかった。悔しくて仕方がない」と唇をかんだ。

(日刊スポーツ『東大70連敗「悔しくて仕方がない」』より 2014/04/20 15:01)

関連記事

1980年代のホームランバッター写真集