NEWS

小保方晴子さんだけではなかった? 理研の調査委員長、論文不正疑惑で辞任へ

2014年04月24日 22時02分 JST | 更新 2014年04月24日 22時03分 JST
時事通信社

STAP細胞論文の不正をめぐる問題で、小保方晴子さんによる単独の不正、と結論づけた理化学研究所の調査委員会のメンバーにも、論文不正の疑いがあることがわかった。

疑義が生じているのは、調査委員会の委員長を務めた石井俊輔さんが責任著者となっている、乳がんを抑制するタンパク質に関する論文2本。サイエンスライターで理学博士の片瀬久美子さんに、匿名で情報が寄せられたという。片瀬さんは自身のブログで提供された資料を公開した。資料には、論文中の画像について使い回し、捏造の疑義がある、とされている。

24日、石井さんは疑義についてコメントを発表。実験ノートのコピーなど資料を添付し、「論文に問題はない」と主張している。しかし、石井さんは理研の調査委員長を辞任するという。

石井氏は取材に対し「オリジナルのデータがあり、不正な改竄ではない」と否定。その上で「疑義を指摘された以上、その部分を突かれると理研や委員会に迷惑をかける。調査委員長がこのような隙を作ってはいけない。不本意だが本日、理研に委員長の職を辞したい旨を伝えた。慰留されても意志は固い」と述べた。石井氏によると学術誌側も不正でないことは認め、訂正を承諾しているという。



(MSN産経ニュース「STAP問題、理研調査委員長、辞任へ 自身の論文データに疑義」より 2014/04/25 02:08)

石井さんが提出したノートの画像

ishii note

【STAP細胞関連の記事】

小保方晴子氏の記者会見画像集(2014年4月9日・大阪)

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています