NEWS

巨大シロナガスクジラ、破裂の恐れも? カナダ東部【画像・動画】

2014年05月02日 19時10分 JST | 更新 2014年05月02日 19時10分 JST

カナダ東部ニューファンドランド島の海岸にシロナガスクジラの死骸が流れ着き、腐敗が進んで破裂する恐れもあるとして住民が不安を募らせている。

全長約25メートルのシロナガスクジラの死骸が漂着。体内にガスがたまり、膨れ上がった状態で波に打ち付けられているという。

Dead Blue Whale In Newfoundland

町の職員・エミリー・バトラー氏は4月28日、CBCに対し「シロナガスクジラが破裂する可能性がある、浜に打ち上げられてから大きく膨らんできている」と語っていた。

しかし、カナダ水産海洋省(DFO)の研究者・ジャック·ローソン氏は、カナダの報道陣に対し「メタンガスは、(腐敗して)痛んだシロナガスクジラの皮膚から漏れ、風船のように縮んでいくだろう」と述べている。

Einglish

※以下の動画は、最初の動画の後に自動再生される映像に、閲覧注意のシーンが含まれます。ご注意ください。

 

 

【動物の関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています