NEWS

世界卓球で中国が連覇、日本女子は43年ぶりの優勝ならず

2014年05月05日 22時19分 JST
Reuters

reuters logo

[5日 ロイター] - 卓球の世界選手権団体戦は5日、東京の国立代々木競技場で試合を行い、女子決勝で日本は中国に0―3で敗戦。43年ぶりの優勝を逃した。

日本は第1試合で石垣優香、第2試合で石川佳純、第3試合で平野早矢香が敗れた。中国は2連覇を達成した。

男子決勝では中国がドイツを3─1で退け、7連覇を果たした。

関連記事

Williams Sisters Table Tennis Play Off