NEWS

「バクマン。」実写映画化、主役の2人は佐藤健と神木隆之介

2014年05月06日 23時02分 JST | 更新 2014年05月06日 23時46分 JST
bakuman.net

oricon style

『バクマン。』佐藤健&神木で実写映画化 原作者も歓喜

人気漫画『バクマン。』(集英社)が、俳優・佐藤健と神木隆之介主演で実写映画化されることが7日、わかった。公開は2015年を予定している。

同作は、主人公2人がコンビを組んで漫画家の道を目指し、幾多の苦労を重ねながら「週刊少年ジャンプ」での連載を目指す物語。原作は、映画もヒットした漫画『デスノート』を生んだ大場つぐみと小畑健のコンビが手がけ、2008年より2012年まで「週刊少年ジャンプ」で連載。単行本は累計発行部数1500万部超えている。

高校生漫画家で作画担当の真城最高(ましろもりたか)を演じる佐藤は、実写化の打ち合わせを重ねた印象について「今まで誰もやったことがないことをやってやろう、今までに見たことのない映画を創ってやろうという気持ちが強いメンバーが集まったなぁということです」と明かし、「そんな素晴らしいクリエイティブチームのもとで映画創りができるということを考えると、今から撮影が本当に楽しみです」とやる気をにじませている。

佐藤の同級生で漫画原作家・高木秋人を演じる神木は「僕自身、本当に大好きな原作で、すり減る程読んでいた漫画だったので、とても嬉しいです」と喜びを明かしている。

監督は、『モテキ』をヒットに導いた大根仁氏が担当。今回の映画化に「僕の人格の80%は、子どもの頃からずっと読んできた漫画で形成されています。だから漫画家を主人公にした映画を、いつか絶対に撮りたいと思っていました」と念願叶った様子。主演の2人については「希望していたのでバッチリのキャスティングです」と信頼を寄せている。

原作者の大場氏(原作担当)は「映画化ビックリ&嬉しいですが、豪華キャストにもっとビックリしてます。集英社や『ジャンプ』に加え色んなあのマンガ、このマンガも実名でガンガン出てくるみたいです!楽しみです!私は観ます!」と早くも期待。また、漫画担当の小畑氏は「映画に出てくる漫画の原稿も描かせてもらったので、原作者というだけでなく、多少制作に関わった一人としても、どういう映像になるか楽しみです」とコメントしている。

撮影は、今年5~6月に行われ、9月の完成を予定している。

【関連記事】

関連記事

小学館ビルの「落書き」写真集