NEWS

小保方晴子氏の実験ノート、一部を公開【STAP細胞】

2014年05月08日 17時00分 JST | 更新 2014年05月08日 17時21分 JST

STAP細胞の論文問題で、理化学研究所(理研)の小保方晴子ユニットリーダーの実験ノートの内容の一部が、初めて明らかになった。小保方氏の代理人を務める三木秀夫弁護士が5月7日夜、報道陣に公開した。

小保方晴子氏の実験ノート

公開した実験ノートはコピーで、理研の調査委員会に4月20日に提出した追加資料の一部。2011年4月ごろから2014年ごろまでの実験記録で、マウスの絵や実験の内容などが記されている。「陽性かくにん! よかった」などと実験の成功を示す記述が確認できる。

理研は5月8日、STAP細胞の論文に「不正があった」とする調査結果に対する小保方晴子ユニットリーダーの不服申し立てを退けることを決定している

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

小保方晴子氏の記者会見画像集(2014年4月9日・大阪)