Huffpost Japan
Simon McCormack Headshot
Jan Diehm Headshot

あらゆる死刑執行の手段がひどい失敗に終わる理由【インフォグラフィック】

投稿日: 更新:
印刷


オクラホマ州で起こった死刑執行の失敗は新たな議論を呼んでいる。政府が認可する殺人について議論する上で、州が死刑を執行するための効果的な方法を熟考している。

5月6日、有罪判決を受けた38歳の殺人犯クレイトン・ロケット氏は、40分間の激しい苦痛に苦闘した。死刑執行が中止になる前に「身をよじらせ、歯ぎしりし、枕から頭をあげるのにひどくこわばっていた」とAP通信は報じている。

その晩、クレイトン・ロケット氏は重度の心臓発作で死亡した。

この悲惨な結果(さらには死刑に使われる薬の不足)は州に混乱をもたらした。古代の処刑方法を復活させようと提案する人さえいた。

極刑に関する分析・情報を開示する国の非営利団体、死刑情報センター (DPIC)は死刑執行に関する方法にはすべてに問題点があると言う。さらに最近、ボストン・グローブ紙の論説で1890年から2010年にかけての研究が取り上げられた。この期間、3%の刑の執行が失敗に終わり、7%が致死量の薬物注入が計画通りに行かなかった。

Infographic by Jan Diehm for The Huffington Post.

それぞれの死刑執行方法についての詳細:

絞首刑

1976年に死刑が執行できるようになって以来、これまで3人の囚人が絞首刑で殺されている。AP通信は「正しく執行されると,体が落とされるとすぐに受刑者の首が折れるが、絞殺を引き延ばす結果になることもある」と指摘する。死刑情報センター (DPIC)は失敗に終わる絞首刑について次のように述べた。「(囚人の)顔がうっ血し始め、舌が突き出、目が飛び出し、体は失禁し始め、手足が荒々しく動く」

絞首刑は1890年以前は主な死刑執行方法であった。

銃殺隊

この方法は19世紀と20世紀に最も使われた、とAP通信は報じている。囚人が銃殺隊に殺される時、5人の死刑執行人が囚人から20フィート離れて立ち、囚人の心臓めがけて銃弾を放つ。理想的には、心臓の裂傷から大量出血によって死ぬ事が望ましいが、死刑情報センターは次のように指摘する。「不注意であれ故意的であれ、もし銃を撃つ人が目標を外せば囚人はノロノロと出血で死に至る」

AP通信は銃殺隊による死刑執行は使用できる死刑執行方法の中では最も思いやりのある方法だと信じる専門家も多いと説明する。

ガス室

1924年に導入されたガス室による死刑執行で、1976年以来、11人の死刑囚が死刑に処されている。とAP通信は報じている。この方法は現在でも3つの州で使われている。

死刑情報センター (DPIC) から:

この方法による死刑執行は有罪と決定した人を密室にある椅子に縛り付ける。椅子の下にはバケツ一杯の硫酸が置かれる。長い聴診器を死刑囚に張付け、医師が部屋の外で死亡宣告出来るようにする。全員が部屋から出たのを確認し、部屋を密閉する。刑務所長の合図で死刑執行人がレバーを動かすとバケツにシアン化ナトリウムが流れ込み、これが化学反応を起こしてシアン化水素ガスが発生する。

死刑情報センターによれば、カリフォルニア州刑務所の元刑務所長であるクリフトン・ダッフィー氏は死刑囚に何が起こるのかを次のように述べた。「まず、極度の恐怖、痛み、苦しみがある確証はある。目玉は飛び出し、皮膚は紫色に変化し、囚人はよだれを垂らし始める」

この見解はジョンズ・ホプキンズ大学薬学部のリチャード・トレイストマンも1991年の雑誌「the New Republic」で次のように語っている。「囚人は言うまでもなく苦痛と極度の不安を経験する... その感覚は心臓発作を起こしている人のそれ(心臓が酸素を失っているとき)に似ている」

電気椅子

電気椅子の歴史は、実はトーマス・エジソンに結びつきがある。TIME誌によれば、ライバルが作った電気椅子の研究に、ひそかに資金援助をしていたという。そうすることで消費者がライバルの電気を買わないようにしたそうだ。

最初の電気処刑は1890年、ニューヨーク州で執行された。

死刑情報センター によると、1994年の雑誌「the Philadelphia Inquirer」のある記事には、次の文がアメリカの元最高裁判官ウィリアム・ブレナンから引用されたという。

囚人の目玉は時に飛び出し、頬の上に乗る。囚人は時に排便・排尿し、吐血し、よだれが出る。体は濃い赤色になり、体温があがり、そして体は膨張し、皮膚が破れるまで伸びてゆく。時には囚人に火が着けられる... 目撃した者は、ベーコンが焼けた様なけたたましく、長い音を耳にする。そして人の肉が焼けた甘ったるい臭いが部屋を満たす。

薬殺刑

今日、群を抜いて最も普及していて、州が許可する処刑に使われるのは薬殺刑である。初めての薬殺刑は1977年にオクラホマ州で執行された。ロケット氏の死刑執行に失敗した州である。

ニューヨーク・タイムズ紙は、今日のこの方法における問題について次のようにまとめた:

様々な理由が重なり合って死刑部屋での悲痛な光景に至る。専門家は「 不十分な薬の調合が多くの州ではびこっている」と話す。また、死刑執行を行う人の中には薬物の専門家が不足し、近年の薬物不足は、刑務所職員を悪い方向へ後押しした。行き当たりばっかりで、ずさんにも日常的に使える化合物を売っている薬局から薬を買い、まるでカクテルを作るかのように薬を調合することもあるようだ。

また、死刑情報センターは次のように指摘した。「医師たちは道徳的に薬物による死刑執行を禁止されている。経験の浅い薬物の取り扱いが極度の痛みの原因となる筋肉へ注射をしてしまうといったミスにつながるのである」

[(English) Translated by Gengo]

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

訂正箇所を連絡