NEWS

『信長のシェフ』がゴールデン進出 佐々木希が時代劇初挑戦 どんな役?

2014年05月12日 19時57分 JST | 更新 2014年05月12日 19時58分 JST
時事通信社

oricon style

佐々木希、時代劇初挑戦 『信長のシェフ』謎の女料理人役

女優の佐々木希が、Kis-My-Ft2・玉森裕太主演のテレビ朝日系ドラマ『信長のシェフ』(7月スタート、毎週木曜 後7:58 ※一部地域で放送時間が異なる)で時代劇に初挑戦することが12日、わかった。佐々木が演じるのは、玉森演じる主人公・ケンと同じ“平成”の世からやってきたと思われる謎の女性・香蓮(かれん)役。前シリーズで香椎由宇が演じた瑶子に代わって、信長と対立する石山本願寺の僧・顕如が庇護する料理人として登場する。玉森と佐々木は今回が初共演となる。

同ドラマは、戦国時代にタイムスリップしてしまった現代のフレンチシェフのケンが、織田信長の専属料理人となり、料理の腕ひとつで乱世を生き抜く姿を描く同名漫画(原作:西村ミツル、作画:梶川卓郎、芳文社『週刊漫画TIMES』)の映像化。2013年1月期に金曜ナイトドラマ枠(毎週金曜 後11:15)で放送されたシリーズの続編で、7月からは木曜のゴールデンタイムへの“栄転”も決まった。新シリーズは、信長討伐に立ち上がった“甲斐の虎”・武田信玄との戦いを中心にストーリーが展開される。

香椎以外は、信長役の及川光博、ヒロイン・夏役の志田未来、木下藤吉郎秀吉役のゴリ、くノ一・楓役の芦名星、信長と敵対する顕如役の市川猿之助、徳川家康役のカンニング竹山、信長の元料理頭・井上役のきたろう、足利義昭役の正名僕蔵、そして明智光秀役の稲垣吾郎ら、前シリーズの主要キャストを続投。

さらに、信長の最大にして最強の敵である戦国最強の武将・信玄役に高嶋政伸、信長の正室・濃姫役に斉藤由貴、信長や信玄の裏で暗躍する不気味な存在・松永久秀役に笹野高史、信長の家臣・柴田勝家役にデビット伊東など、前シリーズには登場しなかった新たな登場人物たちが物語を盛り上げていく。

【関連記事】

関連記事

佐々木希 画像集