ライフスタイル

100歳以上の人が若返っていく比較写真 変わらないものは?

2014年05月21日 01時01分 JST
Jan Langer

年を取らない者はいない。けれども、見た目が変わっても、変わらないものがある。

それこそまさに、チェコ人の写真家ジャン・ランガー氏がとらえようとしたテーマだ。同氏は、「Faces of Century(世紀を越えた顔)」と名づけたプロジェクトで、チェコに住む100歳以上のお年寄り11名の写真を撮影し、若かりし頃の古い写真とを並べた。

年齢とともに、さまざまな変化が現れる。シワや白髪が増え、生え際のラインも変化する。

とはいえ、顔の変化よりもっと印象的なのは、お年寄りたちが語る「将来の夢」だ。ランガー氏は、撮影に協力してくれたお年寄り1人ひとりに、将来の夢をいくつか話してもらったが、その答えは心温まるものだ。

「もう一度イタリアを訪れたい」と言ったのは、103歳のベドリシュカ・コールローヴァさん。102歳のアントニン・コヴァールさんは「クラリネットをまた演奏したい」という。101歳のプロコップ・ヴェジェレクさんは、自分の夢は「誰もが健康で幸せであること」だと語ってくれた。

以下の動画では、若いころと現在の写真を重ね合わせ、徐々に若いころに戻っていくスローモーション映像を見ることができる。

[Yagana Shah(English) 日本語版:遠藤康子/ガリレオ]

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

「過激なアンチエイジング手法のいろいろ」