NEWS

片山祐輔被告と「連絡取れない」 記者会見を欠席【PC遠隔操作事件】

2014年05月19日 18時36分 JST | 更新 2014年05月19日 19時13分 JST
時事通信社

PCの遠隔操作を可能にするウイルスによって4人が誤認逮捕された事件で、威力業務妨害などの罪に問われて公判中の元IT関連会社社員片山祐輔被告(32)=保釈中=が、5月19日午後2時に都内で開いた弁護団の記者会見に出席しなかった。会見した主任弁護人の佐藤博史弁護士によると、同日午前10時20分ごろの電話を最後に連絡が取れない状態になっているという。

この事件に関連して、報道各社などに16日に「真犯人」を名乗るメールが届いた。弁護団はこのメールで片山被告が犯人でないことが明白になったと判断し、東京地裁に19日、公訴棄却を申し立てた。19日の記者会見は、この申し立てを受けたものだった。

しかし19日、報道各社は問題のメールについて「捜査当局は、片山被告が作成して送信した疑いがあるとの見方を示している」と報道した

捜査関係者によると、警察官が15日、片山被告が東京都江戸川区の荒川河川敷に物を埋める様子を目撃。掘り返したところ、スマートフォン(スマホ)が見つかった。接続記録を調べたところ、「真犯人」メールを送信したとみられる痕跡が見つかったという。

(朝日新聞デジタル『「真犯人」メール、被告自ら送信か PC遠隔操作事件』より 2014/05/19 13:18)

問題のメールを受け、東京地検は保釈取り消しの申請も検討するとしている。

佐藤弁護士は19日の記者会見で、片山被告と同日午前10時20分過ぎまでは電話で通話をしていたというが、そのあと連絡が取れなくなっていることを明かした。

佐藤弁護士は、メールについて「片山さんは絶対に送っていない。無罪との考えは揺るがない」と強調した。「無罪になる確率が高いのにメールをわざわざする動機がない裁判を不利にする意味がない」として、メールは「無罪の証拠」だとした。

さらに、「メールは自作自演」と報道されていることについて、「捜査当局は、『のるかそるかの勝負』としてこれに掛けている。事件は一気に最終章にかかっている。でも、ひるむことは全くない」と述べた。

片山被告は16日に記者会見し、メールについて「自作自演と言われるかもしれないが(送ったのは)私ではない」「メールの信憑(しんぴょう)性は高い」などと話していた

【関連記事】

関連記事

冤罪防止を求めネット署名開始