Huffpost Japan

ユニクロでTシャツ作成すると全著作権を譲渡 UTme!利用規約を警告する声

投稿日: 更新:
印刷

ユニクロが5月19日に開始したTシャツ作成サービス「UTme!(ユーティーミー)」の利用規約に「著作物に関する全ての権利を株式会社ユニクロに無償譲渡する」とされた項目があることが、ネット上で議論を呼んでいる。

【UPDATE】株式会社ユニクロはUTme!の利用規約を「投稿データの著作権はユーザーに帰属します」と変更した。(2014/05/21 08:46)

【関連記事】

「UTme!」はスマートフォンやタブレット端末のアプリを使ってTシャツを作り、その場で購入できるサービス。ユーザーの持つ写真やイラストを使った「自分だけのTシャツ」を作ることができるのが特徴だが、規約上では、こうしたできたTシャツが無断かつ無償で全国のユニクロの店舗で販売されることも可能になっている。

利用規約には全著作権をユニクロに譲渡することのほか、オリジナルの著作者が持つ公表権などの「著作者人格権」も行使できないと定められているためだ。第9条(権利帰属)に、次のような記載がある。

・ユーザーは、投稿データについて、その著作物に関する全ての権利(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含みます)を、投稿その他送信時に、当社に対し、無償で譲渡します。

・ユーザーは、当社及び当社から権利を承継しまたは許諾された者に対して著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。

・ユーザーは、当社が実施する各種キャンペーン等に投稿データが使用されることに同意するものとします。

UTme!利用規約

この規約について、ネット上では注意を喚起する声が相次いでいる。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

ハフィントンポストの人気記事

Close
ユニクロビジネスの軌跡 写真集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

ユニクロトップ - UNIQLO ユニクロ

ユニクロ、オリジナルTシャツを作成できる「UTme!」を公開 ー スマホで ...

ユニクロブラトップCMに吹石一恵が復活 社長の愛校心が影響

ユニクロ成長のカギ握る「高機能素材」

ユニクロ“オーダーメイドT”サービス開始