Huffpost Japan

ASKA容疑者、覚醒剤の使用認める供述

投稿日: 更新:
ASKA
警視庁に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されたASKA容疑者。写真は2009年のインタビュー時=東京都内 | 時事通信社
印刷

覚醒剤所持の疑いで警視庁に逮捕された歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(56)が、覚醒剤の使用を認める供述をしていることが分かった。ASKA容疑者は「覚醒剤を使ったことがある」などと述べており、逮捕容疑となった所持についても認め始めているという。5月23日、朝日新聞デジタルなどが警視庁へ取材した内容を報じている。

組織犯罪対策5課によると、ASKA容疑者は今月22日ごろから覚醒剤使用について認める供述を始めたという。知人の栩内(とちない)香澄美容疑者(37)は所持容疑について否認を続けているという。同課は来週にも覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで2人を再逮捕する方針を固めている。

 

(朝日新聞デジタル『ASKA容疑者、覚醒剤使用認める供述』より 2014/05/23 15:49)

ASKA容疑者と知人の会社員栩内香澄美容疑者(37)は5月17日、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で警視庁に逮捕された。ASKA容疑者は当初、「覚せい剤を所持したことはありません」として容疑を否認していたが、ASKA容疑者の自宅から薬物を使用するためのガラス製のパイプが発見されたり、ASKA容疑者の髪の毛から、覚醒剤の成分が検出されたりしていた。

警視庁は覚醒剤を使った疑いで、来週にもASKA容疑者を再逮捕する方針。一方、栩内容疑者は現在も容疑を否認しているという。

ハフィントンポストの人気記事

Close
CHAGE & ASKA Music Clips
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

CHAGE and ASKA Official Web Site

ASKA容疑者、毛髪から覚醒剤反応 使用容疑再逮捕へ

ASKA容疑者 毛髪からも「陽性」反応

北野武監督、ASKAをぶった斬り「シャブ&飛鳥って俺がつけた」

ASKAの異常な言動に苦悩…妻の証言が逮捕の決め手に

ASKA容疑者の自宅からガラス製パイプ

ASKA愛人「のりピー事件」との接点