NEWS

「脱原発」求める意見、9割超 エネルギー基本計画のパブリックコメント

2014年05月24日 22時29分 JST | 更新 2014年05月24日 22時44分 JST
時事通信社

「脱原発」意見、9割超 エネ計画のパブリックコメント

安倍内閣が4月に閣議決定したエネルギー基本計画をつくる際、国民に意見を募った「パブリックコメント」で、脱原発を求める意見が9割を超えていた可能性があることがわかった。朝日新聞が経済産業省に情報公開を求め、開示された分について原発への賛否を集計した。経産省は、そうした意見をほとんど反映しないまま、基本計画で原発を「重要なベースロード電源」と位置づけた。

経産省が昨年12月6日に示した基本計画の原案に対し、対象の1カ月間にメールやファクスなどで約1万9千件の意見が集まった。経産省は2月に代表的な意見を発表したが、原発への賛否は集計しなかった。

朝日新聞はすべての意見の公開を求め、経産省は、個人情報保護のために名前を消す作業が終わった2109件分のメール(2301ページ)を開示した。受け付け順で開示したとしており、残りの開示の可否は9月までに決めるという。

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供) 


関連記事

日本の主な原子力発電所と関連施設