NEWS

東京ディズニーランド、初のプロジェクションマッピング【動画】

2014年05月26日 21時28分 JST | 更新 2014年05月26日 21時35分 JST

oricon style

TDR初のプロジェクションマッピングがお披露目 幻想的な世界で魅了

東京ディズニーランド(TDL)の新ナイトエンターテイメント『ワンス・アポン・ア・タイム』が26日、29日のスタートに先駆けてメディアに公開された。同プログラムはTDLのシンボルであるシンデレラ城の外壁を使って行われる東京ディズニーリゾート(TDR)初となる本格プロジェクションマッピング。雨の中行われた初回は花火の演出が縮小されたものの、居合わせたゲストたちは色鮮やかな映像と音楽の幻想的な世界に酔いしれた。

同プログラムは、映画『美女と野獣』のミセス・ポットが息子に優しく語りかけるところから始まり、『シンデレラ』や『不思議の国のアリス』といった数々のディズニー映画の感動的なストーリーが続々と登場。映像だけでなく、ディズニーの名曲とともにレーザーやサーチライト、小型花火などの特殊効果を駆使し、“命が吹き込まれた絵本”となったシンデレラ城がファンタジックな世界で魅了する。

同プログラムは29日より、1日2回上映される(荒天時は中止の場合あり)。

【関連記事】

関連記事

セレブたちの休日@ディズニーランド