ライフスタイル

ケネディ大使も祝辞 ハフィントンポスト日本版が1周年イベント開催

2014年05月28日 00時55分 JST | 更新 2015年05月02日 16時03分 JST
朝日新聞社

ハフィントンポスト日本版は5月27日、女性の働き方や子育てに焦点を当てたトークイベント「未来のつくりかた」を都内で開いた。約400人が参加し、意見交換した。

キャロライン・ケネディ駐日米国大使は、開会の辞で「現在は仕事と家庭の両立という課題を議論する大切な時期です。日本がこの問題に取り組む中、私も対話に参加していきたいと思っています」と述べた。

ハフポスト日本版の長野智子・編集主幹は「ハフポストは意見交換のプラットホームになりたいと考えています。きょうのイベントも、ソーシャルメディアで積極的に発信してほしいと思っています」とあいさつ。専門家を招いた対談やパネルディスカッションもあった。

ハフポスト日本版が2013年5月にスタートして1年の記念イベント。現在、月間約1千万人のユニークユーザを集めている。

【関連記事】

関連記事

楽しい子育て! 画像集