NEWS

「アンチ・ワールドカップ2014」の落書きアート14選

2014年05月30日 23時53分 JST

ブラジル人たちは怒っている。開催期間がわずか8週間の贅沢なイベントに対し、何百万ドルもの資金を投入している政府に対する怒りだ。

彼らは、ワールドカップに充てられる資金は、それよりも非常に重要な、教育や公衆衛生、病院などの整備、あるいは、暴力や麻薬、武器などを街から根絶するための資金にすべきだと考えている。

現地の街では、こうした自分たちの声を伝えようとして、通りに落書きをする者も多い。グラフィティと呼ばれるこうしたストリートアートを通じて彼らが伝えようとしているメッセージとは、まとめれば、「F*** FIFA」(FIFAの糞ったれ)ということだろう。

特にソーシャルメディア上で急速に広まっているのが、有名ストリートアーティストのパウロ・イトウ氏が、サンパウロにある学校の壁に描いたグラフィティだ。その絵には、ナイフとフォークを手に持った、餓死寸前のブラジル人の少年が、サッカーボールを載せた皿を出されて泣いている光景が描かれている(以下の画像集5番め)。

こうしたメッセージ性の強い落書きには、政治家の汚職や欲望、不正などに対する国民の不満が現れている。世界一のサッカー大国と言われるブラジルには、ワールドカップの開催を望んでいない国民も多い、ということを示すストリートアートの数々を、以下に紹介していこう。

1.

2.

3/4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

壁に書かれた文字の訳:「ワールドカップは我々から学校や病院を奪い、『ボール』だけを残していく」

[(English) 日本語版:丸山佳伸/ガリレオ]

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています