NEWS

山手線に30番目の新駅設置へ 品川―田町間

2014年05月30日 22時50分 JST | 更新 2014年05月30日 22時54分 JST
Bloomberg via Getty Images
JAPAN - APRIL 01: East Japan Railway Co.'s Yamanote-line train approaches Tokyo Station in Tokyo, Japan, on Tuesday, April 1, 2008. East Japan Railway Co., the nation's largest rail operator, rose the most in two weeks in Tokyo trading after it forecast an increase in operating profit of 19 percent over the next three fiscal years. (Photo by Tomohiro Ohsumi/Bloomberg via Getty Images)

JR東日本が山手線の品川―田町間に新駅を設置する方針を固めたと、NHKニュースが5月31日報じた。2020年東京オリンピック開催前の完成を目指す。山手線30番目の駅になる。

山手線で新しい駅ができるのは、西日暮里駅が開業した昭和46年以来およそ半世紀ぶりとなり、30番目の駅になります。

現在の品川・田町間は駅の間の距離が2.2キロと山手線では最も長いことや、ここ数年、高層マンションが相次いで建設されたこともあって新駅設置への期待が高まっていました。

(NHKニュース「山手線で30番目の新駅設置へ」より 2014/05/31 04:43)

新駅が建設されるのは、品川駅と田町駅の間で現在は車両基地がある敷地。この場所では、2015年春に「上野東京ライン」として東海道線と東北線などが直通運転を始めるのに伴い、車両基地を縮小して移動する工事が進められている。

【関連記事】

関連記事

北陸新幹線の写真集