NEWS

中田英寿さん、蹴鞠奉納に参列 伝統装束でワールドカップ必勝祈願【動画】

2014年06月02日 01時11分 JST | 更新 2014年06月02日 01時15分 JST

京都市左京区の世界遺産・下鴨神社で5月31日、サッカーワールドカップブラジル大会で、日本の必勝を祈願する「蹴鞠(けまり)」が奉納された。ゲストとして、元日本代表の中田英寿さん(37)が烏帽子(えぼし)や水干(すいかん)などの平安貴族の蹴鞠装束姿で登場。中田さんは「神事を汚したくない」と話し、蹴鞠には参加せず、蹴鞠保存会の華麗な脚さばきを見守った。同神社はブラジルに向かう中田さんにお守り千体を託したという。MSN産経ニュースなどが報じた。

日本代表のシンボルマーク「八咫烏(やたがらす)」は、同神社の祭神「賀茂建角身命(かもたけつのみのみこと)」の化身とされる。

ブラジルに向かう中田氏を同神社が招いた。中田氏は蹴鞠には参加しなかったものの、同神社から八咫烏をあしらったお守り千体を託された。現地でサポーターに無料配布するという。

(MSN産経ニュース『ヒデに八咫烏のお守り託す 「いい気をブラジルに持っていく」 京都・下鴨神社で蹴鞠』より 2014/05/31 17:43)

また、中田さんには、鹿皮製の鞠も託され、ワールドカップに合わせてサンパウロにできる「ナカタドットカフェ」で飾られる

中田さんは、「これが日本のサッカーと言える形をより強く出していけばいい」と後輩へエールを送ったという。

2006年ドイツ大会まで3大会連続でW杯に出場した中田さんは後輩へ「これが日本のサッカーと言える形をより強く出していければいい」とエール。「勝つためには体力、技術が必要だが、その時の運も大事だと思う。その一端を担えれば」と祈願したという。

(スポニチ「W杯必勝祈って蹴鞠 下鴨神社、中田さんも伝統装束姿で登場」より 2014/05/31 17:36)

下鴨神社でワールドカップに合わせて蹴鞠が奉納されるのは今回が初めてだという。

関連記事

2014年 蹴鞠はじめ(下鴨神社)