NEWS

豪華寝台列車、JR東日本もデザイン発表 2017年春にも運行開始

2014年06月05日 01時28分 JST | 更新 2014年06月05日 01時31分 JST
JR東日本

JR東日本は、2017年春の運行開始をめざす、豪華寝台列車のデザインを発表した。

JR東日本の豪華寝台列車

6月3日の発表資料によると、秋田新幹線「E6系」や北陸新幹線用「E7系」などの総合デザインを手がけた工業デザイナーの奥山清行氏が監修した。金色(シャンパンゴールド)をベースにした10両編成で、先頭車はガラス張りの展望車両。ラウンジやダイニング(食堂車)、各部屋にバスタブを備えた1両2室のデラックススイートルームや、1両に3室のスイートルームからなる。全室スイートルームで計17室。内装は「和」の要素を多く取り入れ、木目基調の落ち着いたデザインとする予定という。

東北地方や東日本をクルーズ(周遊)する予定だが、名前や料金などは未定。

豪華寝台列車は、2013年10月にJR九州が「ななつ星in九州」の運行を開始し、九州内を周遊観光する列車として人気を博している。JR西日本も同様の計画を発表している。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています
寝台列車・ブルートレイン写真集