ライフスタイル

アメリカの「専業主夫」80年代後半から倍増 役割分担に変化が

2014年06月06日 00時13分 JST
Reuters

[ワシントン 5日 ロイター] - 米国では「専業主夫」の数が1980年代後半から約2倍に増加していることが、5日に発表された調査結果で明らかになった。子育てに参加する父親が急増したことなどが背景。

また、2007─09年の経済不況の影響で失業率が上昇。これを受け、専業主夫の数は12年に200万人に達した。米ピュー・リサーチ・センターの報告書によると、1989年は110万人だった。

同センターの研究員は、父親と母親の役割分担の意識に変化がみられ、重なる部分が増えていると指摘。子育てに参加する父親が増える一方、一家の稼ぎ手になる母親が増えているという。

同研究員は、役割分担の変化の一例として、父親が子どもと接する時間が、1980年代の3倍になっていると説明した。

関連記事

楽しい子育て! 画像集