Huffpost Japan

小保方晴子さんの英語面接、日本語で実施 理研、特例的に採用か

投稿日: 更新:
OBOKATAKAIKEN
小保方晴子さん | niconico
印刷

理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)が小保方晴子氏を採用する際、英語で実施すべき面接を日本語でやり、2通必要な推薦状が1通も届いていない異例の状態だったことが6月4日、理研のまとめた報告書で明らかになった。47NEWSなどが報じた。

当時未発表だったSTAP細胞の研究を重視した理研が、大きな実績のない小保方氏を特例とみなして採用を急いだ実態が浮き彫りとなった。

報告書では、通常求められるセンター内の英語による公開セミナーを小保方氏については省略。日本語で非公開の面接と質疑だけという例外的措置だったと指摘した。STAP細胞の研究内容が外部に漏れるのを防ぐためだったとみられる。

(47NEWS「小保方氏、異例の採用 英語面接を日本語で実施」より 2014/06/05 00:16)

【関連記事】

ハフィントンポストの人気記事

Close
小保方晴子氏の記者会見画像集(2014年4月9日・大阪)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

小保方晴子 - Wikipedia

小保方晴子 - アンサイクロペディア