Huffpost Japan

「死に損ない」長崎被爆者に修学旅行中の中学生が暴言

投稿日: 更新:
NAGASAKI PEACE PARK
(画像はイメージです)長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典を前に、原爆犠牲者の冥福を祈り、手を合わせる人=2013年08月09日午前、長崎市の平和公園 | 時事通信社
印刷

修学旅行で5月に長崎を訪れた横浜市の公立中学校3年の男子生徒数人が、爆心地周辺を案内していた被爆者で語り部の森口貢さん(77)に対して「死に損ない」などの暴言を発し、森口さんが学校に抗議していたことが6月7日、分かった。MSN産経ニュースなどが報じた。

森口さんによると、被爆者らが5月27日、3年生119人をグループに分け、爆心地周辺の被爆遺構を案内。森口さんが山里小学校で説明し始めたところ、グループから離れて行動していた数人の生徒が「死に損ないのくそじじい」と大声で叫んだ。森口さんは注意したが、この数人は周りの生徒にも「拍手しろ」などと言って妨害、暴言を続けたという。


(MSN産経ニュース『長崎被爆者に「死に損ない」 横浜の中3生、修学旅行中に暴言』より 2014/06/07 13:10)

森口さんは翌日、「たいへん悲しいことでした。多くの被爆者の方に申し訳なく、つらい時間でした」と記した手紙を校長に郵送。返信がなかったため、6月3日に学校へ電話すると校長から「すみませんでした」と謝罪されたという。朝日新聞デジタルは校長と森口さんに取材し、以下のように伝えている。

校長は取材に対し、森口さんらと最初に対面した際、男子生徒の一人の態度が悪く、森口さんから「出て行け」としかられた経緯があったと説明。暴言について「逆恨みをして言ったのだろうが、許される言葉ではなく反省を促したい。十分な指導ができず申し訳ない」と話した。今後、生徒の感想文とともに校長の謝罪文を森口さんに送るという。

森口さんは「こんな経験は初めて。被爆69年となり、戦争や原爆をひとごとと感じているのだろうか。本気で向き合ってもらえなかったことが悔しく、悲しい」と話した。

(朝日新聞デジタル『修学旅行生、被爆者に「死に損ない」 横浜の中学校謝罪』より 2014/06/07 13:51)

Also on HuffPost:

Close
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

47NEWS > 共同ニュース > 修学旅行生が長崎被爆者に暴言 横浜の中3男子生徒数人

語り部、私が継ぐ 父の体験「学び、近づく」 長崎・原爆 ... - 朝日新聞デジタル

出版:故山口仙二さん紙芝居改訂版、語り部・末永さんが 海外にも被爆体験広めたい 英語も併記 /長崎

被爆体験、NPOがネット発信 「語り部ブログ」も