Huffpost Japan

国立競技場の壁画、予算不足で保存できず?

投稿日: 更新:
印刷

国立競技場の壁画、保存できず? JSC「予算不足」

kokuritsu

 2020年東京五輪の主会場となる国立競技場の改築に伴い、場内に13点ある壁画の一部が、予算不足で壊される危機にある。有識者らでつくる保存検討委員会のメンバーは「歴史的価値がある。全てを残すべきだ」と訴える。

 現在の国立競技場には、正面玄関やスタンド、回廊の13カ所に当時の最高技術を集めた陶片モザイク壁画が飾られている。テレビ中継で選手入場時に映る「野見宿禰(のみのすくね)像」は、生乾きの漆喰(しっくい)に絵の具を塗り込むフレスコ壁画を日本で初めて造った長谷川路可の作品だ。

 国立競技場を管理運営する日本スポーツ振興センター(JSC)は昨年7月、壁画の「保存検討委員会」を設置し、大学教授ら6人で議論。委員の工藤晴也・東京芸術大教授によると、約5億円をかけて全面保存する方向になった。

 ところが5月下旬、JSC側が「国からの予算が約2億3千万円しか下りなかった」と説明。JSCが選んでいる6点しか残せない可能性も出てきたという。

 工藤教授らは「壁画が全て残れば、解体前の競技場の面影が分かる」と話す。JSCは「現段階ではコメントできない」としている。10日の検討委員会で対応を決める予定だ。

asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供) 
【国立競技場関連の記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

トップページ | 国立競技場 | JAPAN SPORT COUNCIL

SAYONARA国立競技場プロジェクト

国立競技場の壁画、保存できず? JSC「予算不足」