Huffpost Japan

殺処分寸前でイメチェンした子犬、直後に引き取り手が見つかる(動画)

投稿日: 更新:
印刷

人間は見栄でイメージチェンジをすることもある。しかしシェルター(保健所)犬のチャーリーにとっては、イメチェンが生死を分けることになった。

その理由は、道端で保護されたこのテリア系雑種の子犬が、ロサンゼルスにある殺処分率の高いシェルターに収容されていたこと。早急に引き取り手が見つかるためには、見た目が重要だ。今年初めにシェルターにやって来たとき、チャーリーは泥だらけ。毛はからまってひどい状態だった。

チャーリーは幸運だった。ロサンゼルスのペット美容室Hollywood Groomingのトリマーたちが登場して、彼をぴかぴかにしてくれたのだ。

チャーリーはこの状態から
dog

こうなって
dog

こうなって
dog

最後にはこんな姿に
dog

イメチェンのわずか2日後、チャーリーには引き取り手が見つかった!

チャーリーの大変身の様子は、ページトップの動画でご覧いただきたい。

ロサンゼルスの動物愛護管理について知りたい方、寄付をご希望の方は、こちらのウェブサイトまで。

English

ハフィントンポストの人気記事

Close
Your Pit Bulls
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

統計資料 「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」 [動物の愛護と適切 ...

犬猫の殺処分ゼロ目指す 環境省、行動計画を発表

神奈川)殺処分ゼロ継続だ!県庁で犬の譲渡会

犬猫殺処分ゼロへ計画=モデル地区を選定-環境省

栃木)迷い犬猫掲示板で殺処分を回避