Huffpost Japan

【エスコバルの悲劇】コロンビア代表を襲ったワールドカップ史上最悪の事件とは

投稿日: 更新:
ANDRES ESCOBAR
MONTPELLIER, FRANCE - JUNE 22: Fans of Colombia display a banner from Andres Escobar, who was murdered after the World Cup 1994, during the FIFA World Cup group d match between Colombia and Tunesia on June 22, 1998 in Montpellier, France. | Alexander Hassenstein via Getty Images
印刷

サッカーワールドカップのブラジル大会で、6月25日に日本と対戦するコロンビア。1994年のアメリカ大会の直後に起きた「エスコバルの悲劇」からまもなく20年を迎える。この大会で、DFを務めたアンドレス・エスコバルを襲った事件は今もワールドカップ史上最悪の事件として語り継がれている。

アメリカ戦でオウンゴールをして帰国した直後の7月2日、暴漢に射殺されたのだ。その経緯をサッカーキングは次のように書いている。

35分、コロンビアはアメリカに先制点を献上する。ゴールを決めたのはコロンビアのDFアンドレス・エスコバル。左からのクロスに対し、身体を投げ出してのクリアを試みたが、右足に当たったボールがゴールに吸い込まれるオウンゴールだった。この1点が重くのしかかってコロンビアは1-2で敗れ、大会からの敗退が決定した。

重い責任を抱え、失意のまま帰国したエスコバルは、メデジン郊外のバーで暴漢に12発もの銃弾を撃ち込まれ、殺されてしまった。

(サッカーキング「[ROAD TO BRAZIL]長きに渡る闇を抜け、復活を遂げた“南米の雄”コロンビア」2014/06/06 14:41)

当時の報道によると、犯人は銃弾を放つ瞬間に「オウンゴールを有り難う」と言ったという。サッカー賭博に絡んだ犯罪組織の関与などの憶測が流れているが、今も真相は、はっきりしていない。エスコバルの葬儀には12万人を超える人々が参列し、この事件を機に何人かの選手がコロンビア代表を辞めている

Close
アンドレス・エスコバル画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

悲劇のオウンゴール W杯アメリカ大会 コロンビアvsアメリカ - YouTube

時事ドットコム:トリビア エスコバルの悲劇 - 2014 ワールドカップ ...

エスコバル射殺事件を忘れるな | サッカーよこしまな話 | スポーツナビ+

サッカーW杯直前! 日本チームが挑む「対戦相手」3カ国と国民の想い

[ROAD TO BRAZIL]長きに渡る闇を抜け、復活を遂げた“南米の雄”コロンビア