NEWS

ダニエル・キイスさん死去 86歳 「アルジャーノンに花束を」の作家

2014年06月17日 23時55分 JST
The Daniel Keyes homepage

小説「アルジャーノンに花束を」で知られる作家ダニエル・キイスさんが6月15日、フロリダ州の自宅で肺炎の合併症のため死去した。アメリカのLocus誌(電子版)などが報じた。86歳だった。

キイスさんは1927年、アメリカ・ニューヨーク生まれ。編集者やコミック原作者、フォトグラファー、教師など様々な仕事を経た後、SF作家としてデビューした。1966年にはオハイオ大学の教授(英文学・創作)に就任、2000年には名誉教授になった。

近年は、南フロリダで娘たちと暮らしていたという。

映画サイトのシネマトゥデイは、キイスさんの作品について次のように伝えている。

超知能を手に入れた青年の悲哀を描いた小説「アルジャーノンに花束を」は1959年に中編小説として発表され、1966年に長編化された。同作は『まごころを君に』(1968)として映画化されたほか、日本でも2002年にユースケ・サンタマリア主演でテレビドラマ化されるなど、ダニエルさんの代表作となった。

ほかの小説作品には「五番目のサリー」など。1981年には解離性同一性障害を主題にしたノンフィクション「24人のビリー・ミリガン」を発表し、大きな話題になった。

(シネマトゥデイ『「アルジャーノンに花束を」ダニエル・キイスさんが死去 86歳』より 2014/06/18 08:52)

【関連記事】

関連記事

2014年に亡くなった著名人