NEWS

MRJ初号機、完成近づく 国産初のジェット旅客機

2014年06月19日 01時24分 JST | 更新 2014年06月30日 01時23分 JST
三菱航空機

三菱航空機は6月17日、日本初となるジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」初号機の主翼と胴体をつなぐ「翼胴結合」を終えたと発表した。2015年春の試験機の初飛行に向けて一歩進んだ格好だ。

MRJは、採算が取れず1973年に製造中止に追い込まれたYS-11以来の国産旅客機。全長は約35メートルで、70〜90人の乗客を乗せることができる。当初の計画では2011年初飛行、全日空などに納入されるのは2013年となるはずだったが、開発延期が相次いだ。現在、初号機納入は2017年になる見込みだ。

MRJ画像集

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています