Huffpost Japan
Katy Hall Headshot
Jan Diehm Headshot

【マッピング】18カ月の間にアメリカの学校で起きた74件の銃発砲事件

投稿日: 更新:

コネチカット州ニュータウンにあるサンディフック小学校で2012年12月に起きた発砲事件の後、オバマ大統領は「このような悲劇を起こさないために意味ある行動をする」ことを約束した。大統領による銃規制改革の取り組みは背景情報の確認を中心とする方法で、国民の圧倒的な賛同を得たが、法案は上院で否決された。議会では、その他いかなる銃規制法案も成立させていない。

この18か月で起きた学校での発砲事件は少なくとも74件であることがEverytown for Gun Safetyという、銃規制の制定を求める取り組みを行っている団体の集計により明らかとなっている。これは、授業が行われている期間で週1回以上の頻度で銃発砲事件が起きている計算となり、事件から別の事件までの最も長い期間は昨年の夏休み、6月中旬から8月中旬までであった。

最近では6月10日に、オレゴン州ポートランドの高校で発砲事件が起きた。発砲した男と1人の生徒が死亡したと伝えられている

ニュータウン以降、学校で74の発砲事件が起きている。

サンディフック小学校での発砲事件(2012年12月)以降、少なくとも74件の学校での発砲事件が起きたことが銃改革団体Everytown for Gun Safetyにより明らかになった。事件の多くはK-12(幼稚園から12年生)の学校で起き、短大や大学では起こっていない。

(出所)Everytown for Gun Safety Action Fund

解説: Everytownは以下の方法を採用している。銃の事件が学校での発砲事件と分類されるのは、小火器が学校の建物内、授業中もしくはキャンパスの敷地で発砲されたときで、一般に報道されているニュースアカウントで文書化されているものである。これには襲撃、殺人、自殺、事故的な発砲が含まれる。銃が学校に持ち込まれたものの発砲されなかった場合や、学校内で所持されていた後に校庭で発砲された場合は含まれない。このリストには上記の基準を満たした事件が含まれており、School Shootings Analysisが2014年2月10日に発行されてから関心が寄せられていた。事件はメディアの報道を通して特定されていることから、実際に起きた件数より少ないとみられる。

「2013年に米国で起きた銃乱射事件」
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

銃乱射で分かった精神医療体制の不備

「アメリカで、精神病患者の銃器購入が可能」

アメリカで銃による殺人事件が発生し3名が死亡

米カリフォルニア州で銃乱射、容疑者含む7人死亡 計画的犯行か

米国には、より厳しい銃規制の法律が必要ですか