NEWS

児童ポルノ禁止法が改正、単純所持に罰則 漫画・アニメは除外

2014年06月18日 15時58分 JST | 更新 2014年06月18日 22時59分 JST
時事通信社

子供のわいせつな写真や画像など、児童ポルノの所持に新たに罰則が設けられることになった。6月18日の参院本会議で改正児童ポルノ禁止法が可決し、成立したためだ。共産、社民両党を除く与野党が賛成した。NHKニュースなどが報じた。

改正児童ポルノ禁止法では、児童ポルノの所持を新たに禁じたうえで、みずからの性的好奇心を満たす目的で所持した場合は1年以下の懲役または100万円以下の罰金を科すとしています。一方、すでに児童ポルノを所持している人もいることから、処分するための猶予期間として、法律の施行から1年間は罰則を適用しないとしています。

(NHKニュース「児童ポルノの所持禁止 改正法成立」より 2014/06/18 11:13)

児童ポルノの定義が不明確なことが問題になっていたが、条文には「衣服の全部または一部を着けない児童の姿態であって性欲を興奮させまたは刺激するもの」と、より具体的な記述が追加された。「表現の自由を脅かす」などと出版界などから異論が相次いでいた漫画やアニメ、CGについては、規制の対象外となった。早ければ7月に施行される見通しだ

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

児童ポルノ規制