NEWS

塩村文夏都議に「産めないのか」とセクハラやじ

2014年06月18日 23時31分 JST | 更新 2014年06月20日 01時24分 JST
塩村文夏氏ホームページより

東京都議会の本会議で6月18日、みんなの党会派の塩村文夏(あやか)議員(35)が、一般質問で妊娠、出産、不妊に悩む女性への支援の必要性を訴えた際、男性の声で「自分が早く結婚すればいい」「産めないのか」などのヤジが飛んだ。朝日新聞デジタルなどが報じた。

塩村氏は涙ながらに質問を続けた。ヤジは自民都議らが座る一角から上がっていた。終了後、みんなの両角穣幹事長が、自民の吉原修幹事長に抗議した。

吉原幹事長は、発生源が自民かどうかは「わからない」としながらも、「各会派が品位を持って臨むべきだ」と話した。

(朝日新聞デジタル『女性都議に「産めないのか」 自民?議員席からヤジ』より 2014/06/19 05:20)

塩村氏は2013年6月の都議選で初当選。放送作家として活動し、日本テレビが放送していた人気バラエティー「恋のから騒ぎ」に出演していたと、毎日新聞は伝えている

塩村氏は議長席前の演壇でヤジを浴び、声を詰まらせる場面もあった。質問終了後、報道陣に「女性の気持ちを代弁していただけに腹が立つし、悲しい」と語った。同会派の両角穣(もろずみみのる)幹事長は「6年後に五輪が開かれる都市の議会でこういう発言が出るのは恥ずかしい」とあきれた様子。

(毎日新聞『都議会:セクハラやじ 女性議員に「早く結婚しろ」』より 2014/06/18 23:44)

みんなの党会派は、発言議員を特定し、注意するよう議会運営委員会に申し入れる。

【関連記事】

関連記事

連合によるマタハラ調査