NEWS

ワールドカップ日本代表、ギリシャ戦の平均視聴率は33.6% ワースト3位

2014年06月23日 00時03分 JST | 更新 2014年06月23日 00時05分 JST
Jamie McDonald via Getty Images
NATAL, BRAZIL - JUNE 19: Japan pose for a team photo during the 2014 FIFA World Cup Brazil Group C match between Japan and Greece at Estadio das Dunas on June 19, 2014 in Natal, Brazil. (Photo by Jamie McDonald/Getty Images)

サッカー日本代表のワールドカップ、ブラジル大会で6月20日に行われた、1次リーグ第2戦・ギリシャ戦を生中継した日本テレビの視聴率が33.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが23日、分かった。瞬間最高視聴率は前半28分、本田のフリーキック後に試合を再開する場面だった。日本はギリシャと0-0で引き分けた。オリコンなどが報じた。

日本の第2戦ギリシャ戦を生中継した日本テレビの平均視聴率が33.6%(前6:40~9:15)だったことが23日、わかった。瞬間最高視聴率43.3%(前7:29)で、前半28分、ゴールを狙える位置からの本田圭佑選手のフリーキックが外れ、試合が再開される場面で記録した。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区。



(オリコン「【サッカーW杯】勝ち切れなかったギリシャ戦、視聴率平均33.6%」より 2014/06/23 10:01)

通勤・通学時間と試合が重なり、数字は伸び悩んだ。日本時間未明の試合だった、2006年のブラジル戦や2010年のデンマーク戦に次ぐ、ワースト3位の視聴率だった。

デンマーク戦(日本テレビ系列)の30・5%に次ぐW杯日本戦ワースト3位となった。



(スポニチ「W杯ギリシャ戦は33・6% 通勤と重なる…日本戦ワースト3位 ― 」より 2014/06/23)

NHKのBS1でも生中継していたが、こちらは前半に5.1%、後半に7.1%を記録。BSとしては異例な高視聴率を記録したという

なお、NHKが6月15日に生中継した日本の第1戦・コートジボワール戦の視聴率は、関東地区の平均が前半42.6%、後半46.6%(ビデオリサーチ調べ)だった

【W杯2014】世界の美女サポーター

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています