Huffpost Japan

キャサリン妃がホスピスの子供たちをサプライズ訪問「ボランティアの方々が子供たちの家族になっている」

投稿日: 更新:
印刷

カメラが周りにいなくても、キャサリン妃は変わらない。メディアが報道しているときの彼女と同じように、世界がより良くなるようにと支援の手を差し伸べる。

6月初旬、キャサリン妃はサフォーク州にあるホスピス「ツリーハウス」をサプライズ訪問した。ツリーハウスでは、命に関わる病気をもつ子どもたちを毎日24時間体制でケアしている。Today.comが報じた。

kate middleton

キャサリン妃は「チルドレン・ホスピス・ウィーク」に合わせて訪問した。6月13日から6月20日にかけて、「チルドレン・ホスピス・ウィーク」ではホスピスについてイギリス国民を啓蒙する活動が行われる。末期患者の子どもを適切に処置するために必要な資金の額や、子どもを支援する団体、そして子どものケアを必要としている家庭のために資金調達することである。

2012年からキャサリン妃はイギリス王室の後援者として、イースト・アンジェリカ・チルドレンズ・ホスピス(EACH)で奉仕活動を行っている。このホスピスはツリーハウス以外に2つのホスピスセンターを運営している。

kate middleton

キャサリン妃は、この訪問でより多くのことを学んだ。ホスピスが提供するサービス、重要な役割を持つボランティア、補助スタッフの働きについてなどである。

「24時間体制のサポートは、緩和ケアを受けている子どもたちにとって極めて重要です。ケアを受けている子どもたちやその家族は、多くの場合、毎日いつでも手助けを必要としているのです。ホスピスでも自宅でも」と、ミドルトンは談話の中で述べた

「EACHの後援者として、私は自分の目で直接こうした立派な仕事をたくさん見てきました。スタッフのサポートがどれだけ必要不可欠なものであり、またボランティアの方々が命の危機にある子どもたちの家族になっていることがわかりました。ここ数日間、チルドレン・ホスピス・ウィークの間に素晴らしい公的支援のあり方を見ることができて嬉しかったです。できる限りの方法で、子どもたちがいる地元のホスピスへのサポートを続けてください」

English

Close
Kate Middleton's Style Evolution
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

時事ドットコム:キャサリン妃のファッション 写真特集 - 時事通信社

超キュート!キャサリン妃とジョージ王子は父の日にウィリアム王子の「ポロ」を観戦

ノルマンディー上陸作戦から70周年、キャサリン妃も記念式典に出席

キャサリン妃が久々の公務に!スコットランドでウイスキーをたしなむ

キャサリン妃、マックイーンのドレスを着用