NEWS

鈴木章浩都議がセクハラやじ認める 「早く結婚したほうがいい」

2014年06月23日 14時17分 JST | 更新 2014年06月23日 15時27分 JST
EPA時事

東京都議会で晩婚化対策の質問をした塩村文夏(あやか)議員に、「早く結婚したほうがいいんじゃないか」などとセクハラとも取れるヤジが飛んだ問題で、自民党会派の鈴木章浩(あきひろ)議員が6月23日、自分が発言したことを認めた。

朝日新聞デジタルによると、鈴木議員は自民党の議員総会の中で発言を認め、会派離脱を申し出たという。

自民党の鈴木章浩都議(51)が23日、自身の発言だったと認めた。吉原修幹事長は「ご迷惑をおかけしました」と謝罪。鈴木都議は会派離脱を申し出た。同日、都議会自民党の議員総会が開かれ、終了後、報道陣から「名乗り出るのか」と問われた鈴木都議は「はい」と述べた。

(朝日新聞デジタル『自民・鈴木章浩都議、ヤジ認める 「早く結婚すれば」』2014/06/23 13:36)

鈴木議員は、ヤジの翌日の6月19日に「私じゃないですよ。わからないと思いますよ。ヤジなんていちいち聞いてる人いないですから」と、FNNのインタビューに答えていた。ただし、自民党の石破茂幹事長は21日、「速やかに私ですと言って、おわびをすることが必要だ」と指摘したほか閣僚からの批判も相次ぎ、国政にも波紋が広がっていた。

2012年7月には尖閣諸島の魚釣島に上陸するなど、鈴木議員は領土問題に対する派手な行動で知られていた。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています