NEWS

ワールドカップ、イタリアがウルグアイに敗れ1次リーグ敗退

2014年06月24日 23時21分 JST | 更新 2014年06月24日 23時35分 JST
Julian Finney via Getty Images
NATAL, BRAZIL - JUNE 24: Andrea Barzagli of Italy and Edinson Cavani of Uruguay compete for the ball during the 2014 FIFA World Cup Brazil Group D match between Italy and Uruguay at Estadio das Dunas on June 24, 2014 in Natal, Brazil. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

FIFAワールドカップ・ブラジル大会は6月24日(日本時間25日)、グループCとグループDが最終戦を迎えた。勝った方が1次リーグ突破となるグループDのイタリア対ウルグアイでは、前半両チーム共に得点がないまま、後半を折り返しイタリアのマルキージオ選手がレッドカードを受けて退場。相手より1人多い状態となったウルグアイは36分、ゴディン選手が先制ゴールを決めた。これが決勝点となり、イタリアは0−1で敗れ、1次リーグ敗退が決まった。

2014/06/25 W杯 イタリア対ウルグアイ【グループD】

グループD、もう一つの試合ではコスタリカとイングランドが0-0で引き分けた。グループDの最終順位は1位コスタリカ、2位ウルグアイ、3位イタリア、4位イングランドとなった。

グループCの日本はコロンビアに1-4で敗れ、日本は1分け2敗でグループリーグ最下位となり、決勝トーナメント進出は果たせなかった。

日本対コロンビア戦と同時刻に行われたギリシャ対コートジボワールは、ギリシャが2-1でコートジボワールを下し、決勝トーナメント進出を決めた。グループCの最終順位は1位コロンビア、2位ギリシャ、3位コートジボワール、4位日本となった。決勝トーナメントで、コロンビアは28日(日本時間29日)にウルグアイ、ギリシャは29日(日本時間30日)にコスタリカと対戦する。

■グループC:日本― コロンビア試合データ

japan colombia

■グループC:ギリシャ― コートジボワール試合データ

greece cote divoire

■グループD:イタリア― ウルグアイ試合データ

italy uruguay

■グループD:コスタリカ― イングランド試合データ

costa rica england

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています