NEWS

松木安太郎氏はそのとき何と言ったか? ワールドカップ日本代表・コロンビア戦、瞬間最高視聴率52.7%

2014年06月26日 00時52分 JST | 更新 2014年06月26日 14時40分 JST

サッカー日本代表のワールドカップ、ブラジル大会で6月25日早朝に行われた、1次リーグ第2戦・ギリシャ戦を生中継したテレビ朝日の平均視聴率が37.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが26日、分かった。瞬間最高視聴率は52.7%、後半30分頃と35分頃に記録した。日本はコロンビアに1-4で破れ、グループリーグ敗退が決まった。オリコンなどが報じた。

サッカーのワールドカップブラジル大会で日本時間25日早朝に行われた、日本の第3戦コロンビア戦を生中継したテレビ朝日の平均視聴率が37.4%(前5:00~7:20)だったことが26日、わかった。瞬間最高視聴率は52.7%で、後半30分ごろ(前6:34)と同35分ごろ(前6:39)にマークした。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区。



(オリコン「【サッカーW杯】早朝のコロンビア戦、瞬間最高52.7%、平均37.4%」より 2014/06/26 10:00)

瞬間最高視聴率を記録したとき、解説の松木安太郎氏は以下のようにコメントしていた。

午前6時34分は1―2で迎えた後半30分の場面。まだ逆転に望みがあった。コートジボワールがギリシャと同点に追いついたことが実況され、解説の松木安太郎氏(56)が「長友を前に置く手もあるからね」と話した。

同39分も1―2で変わらず後半35分の場面。松木氏は「残り10分、やり切ってほしいよね」と“応援解説”した。

(スポニチ「W杯コロンビア戦は37・4% 瞬間最高は今大会最高52・7% ― 」より 2014/06/26 10:00)

初戦・コートジボワール戦(日本時間15日、NHK総合)の平均視聴率は、前半42.6%、後半46.6%、瞬間最高視聴率は、午前11時44分の50.8%

第2戦・ギリシャ戦(日本時間20日、日本テレビ)の平均視聴率は33.6%、瞬間最高視聴率は午前7時29分の43.3%だった

ワールドカップ2014 日本 VS コロンビア

【関連記事】