NEWS

内田篤人がワールドカップ初戦、円陣の中で聞いた岡崎慎司の言葉に胸が熱くなる

2014年06月27日 19時37分 JST | 更新 2014年06月27日 19時41分 JST
Mark Kolbe via Getty Images
ITU, BRAZIL - JUNE 12: Atsuto Uchida laughs as he watches on during a Japan training session at the Japan national team base camp at the Spa Sport Resort on June 12, 2014 in Itu, Sao Paulo. (Photo by Mark Kolbe/Getty Images)

サッカー日本代表のなかでも、普段からクールな語り口で知られる内田篤人。6月25日のコロンビア戦の敗戦後も、テレビのインタビューで、ワールドカップについて聞かれ、「どういう大会なのかなと思ってましたけど、11対11でボール1個で、ゴール2つっていう、普通のサッカー。大会が違うだけでした」と答えている。

しかし、前回の南アフリカW杯で、大会直前にレギュラーから外されて試合に出れなかった内田の秘めた思いは人一倍だった。

6月26日、コロンビア戦から一夜明けた日本代表の解散前、最後の記者会見で、今回のワールドカップで印象的だったこととして、あるエピソードを明かしている。

「コートジボワール戦の、ピッチの中で集まって円陣組むときに、岡ちゃん(岡崎慎司)がぼそっと、『戻ってきたな――』って言ったんですね。そのときに……やっぱり……岡ちゃんも僕も、4年前、出れなかったんで、やっと、戻ってきたな、って」。

「戻ってきたな」。

また、4年後に同じ言葉を聞きたい。

内田篤人の画像集

【内田篤人選手関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています