Huffpost Japan

小保方晴子氏の研究白紙に ネイチャー、STAP論文を近く正式撤回

投稿日: 更新:
HARUKO OBOKATA
新しい万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の論文問題で、記者会見する理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー=9日午後、大阪市内のホテル | 時事通信社
印刷

STAP細胞の論文不正問題で、イギリスの科学誌ネイチャーが関連論文2本を撤回する見通しであることが6月30日、分かった。理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子氏をはじめとする著者たちは撤回に同意していた。複数の関係者が明らかにしたと、MSN産経ニュースなどが伝えている。

研究成果の根拠となる論文が撤回され、画期的な新しい万能細胞とされたSTAP細胞は発表から5カ月で白紙に戻る。論文は撤回された事実と共に公開され続け、研究者としての信頼性も大きく損なわれる。

STAP細胞が存在するかどうかの検証実験は理研が進めており、7月末から8月上旬にも中間報告が出される予定。小保方氏の参加も検討されている。

(MSN産経ニュース「【STAP論文】ネイチャー、2論文近く正式に撤回 小保方氏の研究白紙に」より 2014/06/30 13:54)

STAP細胞に関わる2本の論文は1月30日付のネイチャーに掲載された。このうち細胞の作製を報告した主要な論文には、理研が小保方氏に画像の捏造と改ざんの不正があったと認定、撤回を勧告していた。

STAP細胞が存在するかどうかの検証実験は理研が進めており、7月末から8月上旬にも中間報告が出される予定。小保方氏の参加も検討されている

STAP細胞が存在したのかどうかを確認するため、理研発生・再生科学総合研究センター(CDB)は現在、STAP細胞の検証実験を小保方氏の助言を受けながら進めている。今夏に中間報告をする予定。また、小保方氏ら今回の論文発表にかかわった関係者の処分については、理研懲戒委員会が検討を続けている。

(毎日新聞「STAP細胞:ネイチャーが論文撤回へ 研究成果白紙に」より 2014/06/30 12:16)

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Also on HuffPost:

Close
小保方晴子氏の記者会見画像集(2014年4月9日・大阪)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

小保方晴子 - Wikipedia

小保方晴子 - アンサイクロペディア

Twitter / Search - #小保方晴子生誕祭

Twitter / Search - #小保方晴子