NEWS

スアレスに噛みつかれたイタリア代表キエッリーニのオトナの対応

2014年07月01日 00時19分 JST | 更新 2014年07月01日 00時19分 JST
YASUYOSHI CHIBA via Getty Images
A tourist jokes in front of an advertisement with the portrait of Uruguay's forward Luis Suarez at Copacabana beach in Rio de Janeiro, Brazil, on June 26, 2014. Sportswear giant Adidas said Thursday it would stop using Luis Suarez, one of its key promotional stars, for World Cup adverts after his four-month ban from football activities for biting Italian Giorgio Chiellini. AFP PHOTO / YASUYOSHI CHIBA (Photo credit should read YASUYOSHI CHIBA/AFP/Getty Images)

FIFAワールドカップ・ブラジル大会で、ウルグアイ代表のルイス・スアレスが、試合中に対戦相手のイタリア代表・ジョルジョ・キエッリーニに噛み付いた件について、スアレスは自身のTwitterで謝罪した。

家に帰って家族と過ごして数日経ち、ようやく私も落ち着きを取り戻して、24日のイタリア・ウルグアイ戦で起こったことについて考えることができるようになりました。

ワールドカップでの敗退、そして自らの矛盾した発言がここ数日、問題になっています。私にウルグアイ代表のパフォーマンスを妨げるつもりはありませんでした。しかしそんなことは関係ありません。真実はこうです。ぶつかった時に私がキエッリーニに噛み付いた。その結果として彼は傷を負った。そのことについて私は……

・とても後悔しています。

・キエッリーニと、フットボールファミリー全体に謝罪します。

・二度とこういったことを起こさないように誓います。

2014年6月30日 モンテビデオにて。

この声明を受けて、噛みつかれたキエッリーニは、Twitterでこう、返信している。

もうすべて忘れたよ。FIFAの処分が、寛大なものであるといいね。

ワールドカップ サポーター美女

【ワールドカップ関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています