NEWS

横田めぐみさんの娘、11月訪日で日朝が合意か 韓国家族会代表、語る

2014年07月01日 16時33分 JST | 更新 2014年07月01日 16時35分 JST
Reuters

韓国人拉致被害者家族会の崔成龍代表は、日本政府筋などの話として、日本人拉致被害者の横田めぐみさんの娘キム・ウンギョンさん(26)が、11月に訪日することで日朝政府が合意したと明らかにした。

北京では、日朝の外務省局長級による政府間協議が始まっており、ウンギョンさんの訪日が実現すれば両国関係の改善につながる可能性もある。

めぐみさんは中学生だった1977年、北朝鮮によって拉致された。北朝鮮政府はめぐみさんは死亡したと説明しているが、日本政府はこの説明を受け入れていない。

めぐみさんの両親である横田滋さんと早紀江さん夫妻は今年、北朝鮮で生まれたウンギョンさんとモンゴルで初めて面会していた。めぐみさんの夫は、韓国人拉致被害者の1人。

崔代表は「より重要なことは、横田さん夫妻がウンギョンさんと面会する前に、日朝両政府がめぐみさんが生存しているか確認することに合意したことだ」と付け加えた。[ソウル 1日 ロイター]

【関連記事】

関連記事

北朝鮮「よど号・平壌日本人村」画像集