NEWS

山手線の新型車両「E235系」2015年秋に 中吊り広告は消滅へ

2014年07月02日 19時39分 JST | 更新 2014年07月02日 19時39分 JST
JR East

JR東日本は7月2日、次世代の通勤電車「E235系」を開発し、2015年秋に山手線での営業運転を開始すると発表した

現在のE231系に比べ、優先席が1両あたり3席増えたほか、一人あたりの腰掛け幅が1センチ広い、46センチになるという。

また、すべての車両に1か所ずつ車いすやベビーカーを利用する乗客や、大きな荷物を持った乗客のための座席のないスペースが設けられ東京オリンピック・パラリンピックに伴う観光客の増加にも対応できるとしています。

このほか、安全性の向上のため、レールや架線に異常がないかを監視するシステムを新たに搭載しています。

また、車内に企業の広告などを表示するディスプレーの数を増やしていて、これに伴って、中づり広告が姿を消すということです。

JR東日本では、来年の秋ごろから山手線で新型車両の運行を始め、首都圏の別の路線にも順次、導入することを予定しています。



(NHKニュース「山手線 五輪見据え新型車両導入へ NHKニュース」より 2014/07/02 18:21)

yamanotesen

フリーゲージトレイン画像集

【電車関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています