NEWS

山中光茂・松阪市長、国を提訴へ「解釈変更は許されない」【集団的自衛権】

2014年07月03日 17時39分 JST | 更新 2014年07月03日 17時39分 JST
時事通信社

三重県松阪市の山中光茂(みつしげ)市長は7月3日、集団的自衛権の行使を認める1日の閣議決定は憲法に反するとして、違憲確認を求めて国を提訴する方針を明らかにした。日刊スポーツなどが報じた。

三重県松阪市の山中光茂市長(38)は3日、集団的自衛権行使を容認する1日の閣議決定は、国民の平和的生存権を保障する憲法に反するとして、違憲確認を求めて提訴する方針を明らかにした。



(日刊スポーツ「「集団的自衛権は違憲」と松阪市長」より 2014/07/03 13:24)

山中市長は会見で、「愚かな為政者による解釈変更は許されない」などと以下のように語った。

山中市長は会見で「憲法の原点は武力による紛争抑止ではなく、徹底した平和主義。愚かな為政者による解釈変更は許されない」と述べた。市民団体の発足後は、シンポジウムなどを通じて閣議決定の違憲性を訴える。親交のある首長らにも協力を呼びかけているという。



(朝日新聞デジタル「解釈改憲、違憲訴訟視野に団体結成へ 三重・松阪市長」より 2014/07/03 13:38)

今後は、訴訟に向けて市民団体「ピースウィング」を結成。Facebookなどを通じて賛同者を募り、1カ月以内に決起集会を開く予定だという。

【関連記事】

官邸前の抗議デモ【2014年6月30日】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています