NEWS

「離れるのがつらかった」ザッケローニ前監督、故郷で日本への愛を語る

2014年07月03日 23時48分 JST | 更新 2014年07月03日 23時48分 JST
KAZUHIRO NOGI via Getty Images
Japan national football team coach Alberto Zaccheroni arrives at Narita Airport on June 27, 2014. Japan's World Cup squad returned home after a winless campaign in Brazil. AFP PHOTO / KAZUHIRO NOGI (Photo credit should read KAZUHIRO NOGI/AFP/Getty Images)

7月2日、母国のイタリアに帰国した、サッカー日本代表前監督のアルベルト・ザッケローニ氏。地元のチェゼナーティコでインタビューに答え、日本への愛を語っている。

湧き上がる感情を抑えられなかった。離れるのがつらかった。ファンや選手までもが空港に見送りに来てくれたんだ。こんなことは他の国ではなかったよ。



(「Nazionale, Zaccheroni: "Non mi candido a ct"」より 2014/07/02)

次期イタリア代表監督の候補に入っているのでは、という質問については、「それは協会が決めること」と、とコメントを避けた。

ワールドカップ サポーター美女

【ザッケローニ氏関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています