NEWS

野々村竜太郎氏、温泉出張日に別の場所で切手3万円購入していた

2014年07月05日 19時23分 JST | 更新 2014年07月07日 17時28分 JST
時事通信社

野々村竜太郎・兵庫県議の政務活動費を巡る問題で、野々村氏が同県の城崎温泉に出張したとする日と同じ2013年8月29日に、神戸や大阪市内で切手を約3万円分ずつ購入していたことがわかった。毎日新聞が報じた。

政活費の2013年度収支報告書によると、野々村氏は毎月計10日前後、切手を購入。今年2月には神戸市内の金券ショップで、1週間連続で約2万〜3万円分を購入するなど、16日にわたって計39万7000円分の切手を買っていた。購入先の多くは神戸、大阪市内の金券ショップで、金額は2万9000円台が多かった。
 
出張日と切手購入日の大半は重ならないが、同じ日もある。城崎温泉に出張したとする昨年8月29日には神戸市内で2万9790円分、大阪市内で2万9860円分の切手を購入。城崎温泉や兵庫県佐用町への出張日に大阪、神戸市内で約3万円分の切手を買ったケースも複数あった。
 
(毎日新聞「号泣兵庫県議:温泉出張日に神戸と大阪で切手3万円分購入」より 2014/07/05 12:08)

野々村氏の出張については、大雨で電車が運休した2013年9月2日にも日帰り出張を行っていたとの記載があることが報道されており、不自然な記載に「虚偽ではないか」とする声も出ている。

なお野々村氏は、2013年度分の使途に関する報告書に不備がないかを調べる議会事務局の要請にも応じていなかった

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

野々村竜太郎県議の釈明会見