Huffpost Japan

パレスチナ人の少年、生きたまま火で焼かれる? イスラエルとの間で「憎悪の連鎖」

投稿日: 更新:
MOHAMMED ABU KHDER
Mourners rally for the funeral of Palestinian youth Mohammed Abu Khder, 16, as they carry his body to the mosque during his funerals in Shuafat, in Israeli annexed East Jerusalem, on July 4, 2014. Abu Khder, a Palestinian teenager was reportedly kidnapped and killed, triggering violent clashes in east Jerusalem, in an apparent act of revenge for the murder by militants of three Israeli youths. AFP PHOTO / THOMAS COEX (Photo credit should read THOMAS COEX/AFP/Getty Images) | THOMAS COEX via Getty Images
印刷
spinner

イスラエルの占領下にある東エルサレムで16歳のパレスチナ人少年が誘拐・殺害された事件で、少年が生きているうちに体に火をつけられ、大やけどで死亡した可能性が高いことが分かった。パレスチナのマアン通信が7月6日に報じた。

暫定的な検視の結果、16歳のムハンマド・アブ・クデール君は、誘拐犯によって生きたまま火で焼かれたことを示していると、パレスチナ政府幹部が金曜日の夕方に明らかにした。

(マアン通信「当局:パレスチナ人少年は生きたま火で焼かれたことを示す検死結果」より 2014/07/06 12:51)

パレスチナとイスラエルの間では残忍な殺人の応酬が続いている。きっかけは、イスラエルの占領下にあるヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ヘブロン近郊で6月30日、行方不明になっていたイスラエルの少年3人とみられる遺体が発見されたことだった。イスラエルのネタニヤフ首相は、パレスチナ人自治区のイスラム組織ハマスの犯行と主張。報復を宣言したが、ハマスは犯行を否定した。

その後、7月2日に東エルサレムで16歳のパレスチナ人少年が誘拐され、同日中に遺体で発見された。パレスチナ自治政府のアッバス議長は、イスラエル人入植者による犯行だと非難した。時事ドットコムによると、イスラエル紙ハーレツは6日、容疑者6人が逮捕されたと伝えている。

これらの事件が、双方の「憎悪の連鎖」を呼んだ。イスラエル治安部隊とパレスチナ住民の衝突が各地で相次ぎ、ハマスが実効支配するガザ地区ではイスラエル軍が空爆で、武装勢力がロケット弾攻撃で応酬する事態となっている。MSN産経ニュースでは次のように書いている。

ガザではここ1週間、散発的ながら空爆とロケット弾攻撃による衝突が続いている。イスラエルとハマス側の双方とも、大規模戦闘に発展するのは避けたいものとみられ、ガザに隣接しイスラエルとも国交があるエジプトによる仲介を模索しているとされる。

ただ、発端となった少年3人の殺害をめぐり、イスラエルのネタニヤフ首相がハマスの犯行と断定したのに対し、ハマスは関与を認めていない。双方とも相手の攻撃停止が先だと主張しており、安易に譲歩できない状態だ。

(MSN産経ニュース『少年殺害「憎悪の連鎖」 イスラエルとパレスチナ、武力の応酬に発展』より 2014/07/05 21:33)

イスラエルとパレスチナの和平交渉は4月に中断。6月には分裂状態にあったパレスチナ主流派ファタハとハマスの双方が認める暫定統一政府が発足したことで、イスラエル側は反発を強めていた。

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Also on HuffPost:

Close
緊迫するパレスチナ情勢
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

パレスチナ自治政府 | 外務省 - Ministry of Foreign Affairs of Japan

少年誘拐殺害事件で衝突激化 イスラエル・パレスチナ

パレスチナ人少年殺害 衝突拡大が懸念

パレスチナ:ユダヤ少年殺害容疑者の母、無実訴え

パレスチナ:少年葬儀でイスラエルと衝突 30人以上負傷