NEWS

アルゼンチン経済相、債務問題で支払命令の停止を要求

2014年07月07日 21時46分 JST | 更新 2014年07月07日 21時47分 JST
Reuters

アルゼンチンのキシロフ経済財務相は7日、債務問題で米連邦地裁から指名された調停者に対し、米連邦地裁のトーマス・グリーサ判事はアルゼンチン政府に対する支払命令の停止を復活させることが必要だと述べた。経済財務省が声明を発表した。

同相はニューヨークで調停者のダニエル・ポラック氏と長時間にわたって面会。この中で、全ての債権者にとっての解決策を確実にするため、アルゼンチンは交渉を継続する意思があると強調した。

【アルゼンチン債務問題関連の記事】

Travel Zen: Argentina

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています