ライフスタイル

草間彌生さんデザインの高速バス運行 ナンバーは「841」【画像】

2014年07月08日 00時38分 JST | 更新 2014年12月01日 02時21分 JST

長野県松本市出身の前衛芸術家・草間彌生さん(85)がデザインした高速バスが完成し、同市で7月7日、披露された。市とアルピコ交通が企画し、8日から松本—新宿間で運行する。

バスには、松本市美術館に展示されている草間さんの野外彫刻「幻の華」をモチーフに、トレードマークである赤い水玉模様や網目が描かれているという。

バスのデザインは、松本市美術館の前庭にある草間さんの屋外彫刻「幻の華」をモチーフにしており、側面と後部にチューリップの花や犬、赤い水玉などが色鮮やかに描かれている。名前も、「草間号 幻の華」と名づけられた。



(朝日新聞デジタル「草間彌生さんデザインの高速バス運行 長野・松本―新宿」より 2014/07/08 09:23)

Twitter上では、松本市美術館のほか高速バスを目撃した人が写真を投稿している。高速バスのナンバーは「841(やよい)」だったようだ。

【関連記事】

「錯覚アートのいろいろ」

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています