NEWS

ワールドカップ準決勝、ブラジルがドイツに1-7で歴史的大敗

2014年07月08日 19時23分 JST | 更新 2014年07月09日 16時24分 JST
VANDERLEI ALMEIDA via Getty Images
Brazil's defender Marcelo reacts after Germany scored during the semi-final football match between Brazil and Germany at The Mineirao Stadium in Belo Horizonte during the 2014 FIFA World Cup on July 8, 2014. AFP PHOTO / VANDERLEI ALMEIDA (Photo credit should read VANDERLEI ALMEIDA/AFP/Getty Images)

7月9日、FIFAワールドカップ・ブラジル大会の準決勝1試合目、ブラジルはドイツと対戦して、前半から5点、後半2点を奪われて、1−7の歴史的な大敗。圧倒的な優勝候補に挙げられながら、決勝進出はならなかった。

これを悲劇と言わずして、なんと言うか。

ブラジルは前半早々にコーナーキックから失点すると、23分にサイドの崩しからクローゼに決められて追加点を奪われる。その後、攻めざるを得ない状況でミスやカウンターから前半のうちに3失点を喫して、0-5。後半はも一方的な展開で、90分にオスカルが一矢報いるのがやっとだった。

立ち上がり、ブラジルが前から潰しに行く、積極的な戦い方で接戦が予想されたが、ドイツの正確なパス回しがブラジルの守備を狂わせると、一気に形勢がドイツに傾いた。もともと守備から入って個人技頼みの攻めが多かったブラジルは、リードを許すとネイマール不在もあって攻め手を欠いた。

ブラジルの7失点は、今大会の全試合の中で最多失点。ブラジルのワールドカップ出場の歴史を振り返っても最多だった。後半途中には、ブラジルのサポーターがドイツのパス回しに声援を送る、ブラジル選手にとっては屈辱的なシーンもあった。

自国開催での大敗。試合会場のある「ベロオリゾンテの悲劇」として人々の記憶に残る試合となった。

FIFAワールドカップ・準決勝 ブラジル・ドイツ戦

【ワールドカップ関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています