NEWS

最高気温35度、関東で猛暑日に 暑さは何時まで続く?

2014年07月12日 15時18分 JST

7月12日、主に近畿から関東甲信地方にかけて、広い範囲で気温が30度以上の厳しい暑さとなっている。35度を超える地域もあると見られ、気象庁は熱中症に十分注意するよう呼びかけている。

7月12日の日中の最高気温(℃)

kion

気象庁によると、12日に観測された各地の最高気温は、午後2時現在、群馬県館林市で36.0度、埼玉県熊谷市と群馬県伊勢崎市で35.3度、群馬県前橋市で35.1度などとなっている。

このあとも高温になるところが多いと見られ、気象庁は高温注意報を出し、こまめに水分補給をするなどして熱中症に注意するよう呼びかけている。

各地の主な予想最高気温と、30度以上が続く時間帯は次の通り。

■予想最高気温(カッコ内は30度以上の時間帯)

・群馬県前橋 35度(午後7時頃まで)

・埼玉県さいたま 35度(午後6時頃まで)

・埼玉県熊谷 36度(午後7時頃まで)

・埼玉県秩父 35度(午後6時頃まで)

・東京都東京 35度(午後6時頃まで)

・山梨県甲府 35度(午後6時頃まで)

・静岡県浜松 35度(午後5時頃まで)

・愛知県名古屋 35度(18時頃まで)

・三重県津 35度(午後7時頃まで)

・富山県富山 35度(午後5時頃まで)

・京都府京都 35度(午後7時頃まで)

・兵庫県豊岡 35度(午後5時頃まで)

※参考:沖縄県那覇 32度(午後4時頃まで)

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

暑い!「涼しくなりた~い」動物画像集