NEWS

"5万回斬られた男" 福本清三、初主演映画の初日に感無量

2014年07月12日 16時44分 JST
uzumasa-movie.com

oricon style

“日本一の斬られ役”福本清三、初主演作の初日に感無量

“日本一の斬られ役”の異名を持つ俳優の福本清三(71)が12日、都内で行われた初主演映画『太秦ライムライト』の初日舞台あいさつに登壇。“5万回斬られ続けてきた”俳優人生で初めての主演作品が無事初日を迎え「初日からこんな人が来るとは思っていなかった」と会場を見渡し、感激した。

55年間斬られ役として作品を支えてきた男の初主演作品。スポットライトを浴び、慣れないセンターの位置に立った福本は「僕は斬られ役。こんなことありえないと思っていなかった」と感慨深げ。

「(自分が主演で)誰が観にきていただけるのかと、そればっかり考えていた」と重圧を背負う不安を吐露し「僕は主役ではない。(同作でも)斬られ役をやらせていただいただけで…」と謙虚に語った。

落合賢監督は「こんなに腰が低い主役はいないのでは。現場でも人とかぶらないように通っていたり、カメラのフレームを外れたりと、55年間培われた技が身についていた」と撮影を振り返った。

時代劇が減少していくなか、福本は「1本でも2本でも、そういう作品が増え、昔みたいに黄金期にならないかもしれないが皆様に応援していただければ。その時代にあった時代劇があってもいいんじゃないか」と活性化を願った。

舞台あいさつにはそのほか、山本千尋、本田博太郎、尚玄、多井一晃、川嶋杏奈、海老瀬はなが出席した。

【関連記事】