Huffpost Japan

ワールドカップ決勝、ドイツが延長戦でアルゼンチンを1−0で下し優勝

投稿日: 更新:
GOAL BRAZIL GERMAN ARGENTINA
RIO DE JANEIRO, BRAZIL - JULY 13: Mario Goetze of Germany (L) celebrates scoring his team's first goal with Thomas Mueller during the 2014 FIFA World Cup Brazil Final match between Germany and Argentina at Maracana on July 13, 2014 in Rio de Janeiro, Brazil. (Photo by Jamie McDonald/Getty Images) | Jamie McDonald via Getty Images
印刷

FIFAワールドカップ・ブラジル大会は7月14日、決勝戦を迎え、延長戦の末、ドイツがアルゼンチンを1−0で下し、1990年のイタリア大会以来、24年ぶり4回目の優勝を果たした。ドイツは途中交代で入ったゲッツェが決勝ゴールを決めた。

前半はおおかたの予想通り、ボールを持ってパス回し、クロスと多彩な攻撃をしかけるドイツに対して、固く守ってメッシ、ラベッシらのドリブルで打開するアルゼンチンという構図で試合が進む。シュートまで持ち込めないドイツに対し、アルゼンチンは少ないチャンスを決定機に結びつけるが、両チームともに先制点を奪えない。

後半、アルゼンチンはラベッシを下げてアグエロを投入して攻めに出ると開始直後にメッシが抜け出して一対一になるシーンがあるが、枠を外してしまう。互いに疲れが見える中、ボールを持つドイツ、逆襲のアルゼンチンの構図は変わらず、後半も無得点のまま終了。

延長後半8分、ドイツは左サイドをドリブルでシュールレが崩して上げたクロスをゲッツェがボレーシュート、ついにドイツが先制する。このままゲームは終了し、ドイツが勝利した。アルゼンチンは固く守ってメッシに預ける、まさにメッシ中心の戦い方だったが、最後までゴールを奪えなかった。大会MVPにはメッシ、最優秀ゴールキーパーにはドイツのノイアーが選ばれた。

Close
FIFAワールドカップ・ブラジル大会 決勝戦
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【ワールドカップ関連の記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています